切断加工

エネルギーを一点に集束し、得られる高密度エネルギーを利用して、非接触で加工物の切断を行います。
3次元加工のような複雑形状の切断も可能です。

レーザー加工

レーザ加工は光をツールとするので、刃物や電極を使用せず、通常の切削加工や放電加工で出来なかった微細な3次元形状や溝などを型彫りすることができます。
金型材のほか、シリコンなどにも加工が可能です、現在ではおもちゃの金型やナノインプリントに使用されるグラッシーカーボン材の金型加工に使用されています。

ウォータージェット加工

ウオータジェットは、超高圧高速水で切断加工するシステムで、「切る」、「削る」、「開ける」技術です。
超高圧で噴射される水流で、軟・硬質材、焼入材、危弱材、積層材、合わせ材などの切断加工が得意です。

適合素材

複合素材、炭化ケイ素系素材、フェライト系素材、カーボン素材、FRP/塩ビ素材、セラミックス素材、機能材新素材

加工特性

  • ワークに対し熱影響がありません
  • 加工ストレスがかかりません
  • 化学反応が起きないので素材機能を保ちます
  • あらゆる素材の加工(切断)が可能です
  • 切断以外にも溝堀、剥離、バリ取りなどが可能です

ワイヤーカット

ワイヤーカットは、電極となるワイヤー線に電流を流して、鉄やステンレスなどの導電性(電流の流れる)の素材を図面に合わせて、平面もしくはテーパー(傾きを付けて切る)で精密に切る事が出来る加工です。
工作物が硬くて切削加工が難しい場合や精度の要求が高い金属に対して利用されます。

主要設備

名前 形式・概要
CO2レーザ加工機 溶接、切断、表面改質加工
エキシマレーザー加工機 高分子材料、セラミックス、ガラスなどの微細除去加工
TEA・CO2 レーザー加工機 高速基板穴あけ、テフロンや石英ガラス切断(出力60w)
YAGレーザー加工機 溶接、切断、穴あけ加工
ウォータジェット加工機 1200×2400オープンキャッチャタイプ、1200×2400ベルトタイプ、1000×1000

実績・製品

実績1 型彫り用レーザー加工機

実績2 エキシマレーザー加工機

実績3 ウォータージェット4号機

加工実績 ・半導体、液晶装置部品等の精密機械加工 ・エキシマレーザーによる樹脂材への高精度穴あけ加工 ・多層基板加工、エンボス状加工、深穴・狭小溝のバリ除去加工、螺旋・変形溝加工、ガラス板5000個穴素材

関連企業

ページの先頭へ戻る